オリーブ薬局 健康で明るいくらしのお手伝い すずらん薬局

ホームオリーブ通信 > オリーブ通信2008年7月号

オリーブ通信2008年7月号

夏バテ対策・前編/夏のお肌について

夏バテ対策・前編
夏バテは、日本の夏の特徴でもある「高温多湿」のせいで汗をかきにくくなっていることや、室内外の温度差などにより自律神経の体温調節機能への負担が増すことで、自律神経そのものに変調が起き、「全身の疲労感」「無気力になる」「立ちくらみ、めまい、ふらつき」「むくみ」「食欲不振」などさまざまな症状が出てきます。今回は夏バテの原因とその対策についてご紹介いたします。

夏のお肌について
夏には、汗をかいたり皮脂の分泌量が増えたりするせいで、肌が潤っていると勘違いしがちです。しかし実際には、エアコンや紫外線の影響で、肌は乾燥しやすく、お肌の内部では水分不足の状態になっているのです。トラブルのないお肌のためにも、しっかりした紫外線対策と保湿を行いましょう。

前のページに戻る

ページの先頭へ