本文へ移動

オリーブ通信

2017年

’17.7月号
2018-12-15
暑い季節になると、ついつい冷たい物を摂ってしまいがちです。
冷たい物を摂り過ぎると、胃腸が急激に冷やされ、血液の流れが悪くなってしまいます。さらに大量の水分を摂ることで胃酸も薄まって、消化吸収の力が低下し、下痢などの症状が出てきます。また自律神経が乱れることでも胃腸の働きが落ちてしまいます。
暑い夏こそ、胃腸の冷えには注意が必要です。
TOPへ戻る