本文へ移動
『患者さんに寄り添える薬剤師になりたい!!』
学生時代に描いた夢を叶えられると思ったのがオリーブ薬局でした。
 最初は病院と薬局どちらの道に進もうか迷っていました。5年生の時に実務実習に行ってみて、両方の道の特徴や自分がやりたいことを照らし合わせた結果、私は『薬局薬剤師』という道を選択しました。
 オリーブ薬局を選んだ理由は、大学に入る前から掲げていた『患者さんに寄り添える薬剤師になりたい!!』という思いが根底にあったからです。インターンシップでオリーブ薬局に伺った際に感じた相談しやすそうな雰囲気、処方箋が無くても来局してくれる常連さんの姿、何よりも地域に根差した薬局として患者さんやお客さんに寄り添いお話ししている薬剤師さんや事務さんを実際に見て、ここで働きたいと思いました。
地域に根差した薬局の薬剤師として日々奮闘しながらも
少しずつ理想の薬剤師へと近づいています。
 まだまだだなと思うことはたくさんあるのですが、少しずつ思い描いていた理想の薬剤師像に近づけている実感があります。患者さんやお客さんから頼りにしてもらったり、相談してもらったりして、それに応えることが出来るととても嬉しいですし、それがやりがいにも繋がっています。
 薬局内の健康セミナーや地域の図書館での講演会では、患者さんやお客さんとのつながりを深めるだけでなく、新たなつながりも生まれます。このつながりがきっかけでご自身の健康に目を向けてもらえた時は、地域に根差した薬局だからこそ出来ることだなと感じました。
今後のライフプランも踏まえた上で
真の意味での地域の健康づくりに貢献していきたいです。
 今後は、患者さんやお客さんから相談や求めがあった時だけでなく、自分からも必要だなと思う方に対しては積極的にOTCや保健薬の提案などしていきたいと思っています。その為には、頼りにされた時にしっかり支えられるように研鑽を積んでいきたいと考えています。
 また、健康セミナーや講演会等様々なことを通して八千代市の方々の健康づくりに貢献していきたいです。
 ライフプランとして今後結婚や出産もしたいので、それらを踏まえたうえでやりたいことをもう一度考えたいと思っています。結婚、出産を経験することで新たな視点や考えも増えてやりたいことが変わりそうなので…(笑)
 休みは週に2日あるので1日はガッツリ寝たり、家事をしたりする日。もう1日は好きなことをして楽しむ日として活用しています。オリーブ薬局は、希望の休みがしっかり取れるのと有給休暇が取りやすいのでプライベートの時間を有効活用することが出来ます。仕事だから諦めるということがあんまりないですね!
 私はいろんなことをやるのが好きなので、パンを作ったり、お菓子を作ったり、最近ではウクレレを練習しています。冬も近づいてきたので編み物や刺繍をやってみたり…。コロナになる前はLIVE・フェスに行くのが大好きでした。女の子のアイドル、D.W.ニコルズ、チーナというアーティストが好きで良く聴いています!!

TOPへ戻る